株式用語解説 ら・わ行

【ら】━━━━━━━━━
リバ、リバウンド
 大きく下落した株価が一時的に反発すること。
 これを狙って買うことをリバウンド狙い、と言う。



両建て[りょうだて]
 同一銘柄を買いと空売りで同じ量持つこと。
 手法によってはトレードしやすくなる事もある。
 


ループ取引(ループ売買・ループトレード)
 現物取引において、株を売却した代金で当日中に別の銘柄を買うこと。
 かつては禁止されていたが、2001年頃から各社が採用し出し、現在では
 ほぼ全てのネット証券会社が採用している。



狼狽売り[ろうばいうり]
 株価が大きく下がった時にパニックになり持ち株を一気に売ること。
 逆に空売りした際、株価の急騰局面で焦って買うことを狼狽買いという。



ロングポジション
 買いを持っている状態。買いポジ、とも言う。逆はショートポジション。



ローソク足[ろーそくあし]
 株価の推移をローソクのような形で表したもの。
 ローソク足の詳細はこちら(wikipedia)
人気ブログランキング←ランキングアップにご協力お願いします

スポンサーリンク