株式用語解説 な行

【な】━━━━━━━━━
ナイアガラ<俗>
 それまで堅調だった銘柄が、短時間で急落すること。
ナイアガラ




1880スルガコーポのナイアガラ




ナス<俗>
 正しくはナスダック総合指数。
 アメリカ、NASDAQ市場の値動きを表した指数。
 ハイテク・インターネット関連株が多くを占める。



生意気売り[なまいきうり]<俗>
 普段弱い銘柄を、上がった所で適当に空売りすること。



成行[なりゆき]・成行注文
 いくらでもいいから買い(売り)たい、という注文。逆は指値注文。
 買いの場合は売り板の一番下の段(アップティック)、売りの場合は
 買い板の一番上の段目(ダウンティック)掛けて注文がぶつけられる。
 (画像参照)
 板が薄い場合に大きな成行注文をぶつけると、板を何段もぶち抜いて
 損する(スリッページリスク)ことがあるので注意w



二階建て[にかいだて]
 信用取引の制度を利用し、現物と信用で同じ銘柄をパンパンに抱える事。
 100万円の資金でA社の株を現物で100万円分買い、
 それを担保にA社の株を信用取引で300万円買うと二階建て完成。
 暴落を食らうと一晩で破産する。



抜く・抜かれる<俗>
 利益を獲得することを抜く、逆に損失となった場合は抜かれる、という。
 用法:○ティック抜き



年初来高値[ねんしょらいたかね]
 その年で最高の値段のことを指す。最低の値段は年初来安値。



ノイズ
 株価の大勢を崩す事のない、一時的な値動き。
 ノイズかそうでないか、の判断は難しい。



ノーポジ<俗>
 ノー・ポジションの略。売りも買いもポジションを持っていないこと。
人気ブログランキング←ランキングアップにご協力お願いします

スポンサーリンク