スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

5月

なかなか買いポジションを戻せないまま涙目で相場を見ています。
3月上旬のポジションサイズを10とすると、4月の急落前後あたりは4程度で、現在は6程度。

減らした分は4Q決算の銘柄を拾っていければカバーできるかなーと考えていたのですが、思った以上に堅調な地合いが続いたのでほとんど拾えませんでした。
毎年4Q決算発表時は株価がブレることが多いけど、今年ほど超絶GDが少ない年は記憶にないような。。決算前に気にしてた銘柄だと無慈悲なぶっ壊し暴落はアニコムぐらいだったかなあ。悪くない決算でもこういう銘柄が続出すると思っていたので意外でした。


僕が見てきた20年弱の株式市場だと、株価の水準訂正が起こる時は政治的な大きな力が働いたパターンか、暴落→超絶安値からのパターンかどちらかでした。今回の場合はどちらも当てはまりませんが、底堅く上昇していく指数を見ると大きな水準訂正が始まろうとしているのかも知れず、乗り遅れの恐怖がこみ上げてきます。

一方で持ち株の方は全くダメダメで、イメージとのズレが日々広がっています。非常にきもちわる~い感じ。
かなりバブルっぽい現象もあちこちで見られるんですけどね、お利口バカしてても儲からないので着いていくしかありまへん。。



5月 +0.5%
スポンサーサイト

スポンサーリンク

久々の更新

最後の記事から4年が経ってしまいました
・・・w

更新しなきゃな~とは思っていたのですが、何度かニコ生で喋ったおかげで欲求不満解消しちゃったんですよね。
ブログ書くパワーの源泉が干からびてしまっていました。


そんなこんなでずっと放置していたのですが、先日、過去の記事を読み返してみたところ、当時考えていたことが懐かしく思い出されたり、新たな発見があったりしました。文字にして残すということはなかなか意義があるもんだなあと思い、久々に更新した次第です。


最後の記事の2013年春頃まではパフォーマンスはなかなか良かったのですが、その後はよくある”バブルで大儲けした後バブル崩壊ですべて失っちゃう人”にだけはならない!とガチガチの守りに入ったあまりパフォーマンスはイマイチでした。結果的にはこの4年間、何回か急落がありましたが恐れすぎることはなかったですね。バブルで儲かった資金が次から次へと新しい銘柄に入って行き、個人投資家の懐も豊かになり、銘柄の水準訂正も進んだ感じがします。


気づいてみれば、3,4年ぐらい前までは同じような成長率であれば大型>小型だった株価水準が、小型>大型になっている感じがします。
大型>小型だった理由は、大型の方が流動性がある(=売りたい時にいつでも売れる)という理由でした。流動性にそれほどの価値があるのか!とあちこちで憤っている人(僕もそうですがw)がいましたが、今の小型>大型の理由は何なんですかね。大型は全体のパイが大きくならないから成長に限度があるとかそういうコトでしょうか。ひふみ投信の影響もあると思います。この現象は1999~2000年や2004~6年あたりにもあった覚えがあるので上昇相場の特徴なのかも知れません。

現在のスタンスはやや警戒しながらも買いのスタンスです。
小型株系の上昇ターンはリーマンショック以降、最長でも半年ぐらいで一息つくことが多かったんですよね。今回も上昇開始からだいたい5,6ヶ月が経過しているので、北朝鮮問題抜きにしても多少警戒しておいた方がいいかなあと考えています。


これから月に1回は更新してみる予定です(未定)
んで、ブログのタイトルも変えてみました。似た名前のブログが多かったので><


4月-0.5%
今年1,2,3月はプラスでした。

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。