週間報告

20(月)●
21(火)●
22(水)●
23(木)●
24(金)○



週間+9万
資産=8663万
入出金=-22万
週間成績はこちら

うーん。苦しかった。
1分~5分ぐらいの短期的な需給が全く読めず損切りばかり。しかしながら2~3時間経ってみると結果的にはそっち方向へ行ってくやし~~~という事が無限に続いた。
 日本株はパッと見安すぎる。なので超短期的なリバウンドの力がメチャクチャ強く、売りで挑んでいても狼狽してしまうし、逆に買いで入っても含み益が一瞬で爆裂含み損になってしまった。来週も似たような相場になると思うので劇的なパフォーマンスの変化は望めないと思う。

しかし住金が100円台とか三菱商事が1500円割れとかホンダが2000円割れとか、ありとあらゆる株が安すぎる。四季報見て値段見たらめちゃくちゃ買いたくなる。

が、チャートを見るとめちゃくちゃ売り捲りたいのばっかw
ありとあらゆる銘柄が芸術的な下げチャートになっている。

まあどっちに行くのかは分かりません。
半年後に「やっぱりあの時買いだったんじゃねーか」となるかも知れないし、実は崩壊の序章なのかも知れない。

1つ言えることは、いつが底かなんて終わってみなければ分からないってこと。だって2週間前にこれは滅茶苦茶安いと思って買った債券型投信がもう-9%になっちまいましたからね!;;


あ、あと前回の不景気(2003年辺りまで)の時は造船やハイテク、金融、借入金の多い銘柄が特損&下方修正を連発してたので、もし今回不景気が来るのであれば、その辺の銘柄は長期投資しない方がいいと思います。ビックリするぐらいの特損来るので注意。

スポンサーリンク

スクラップ

やっぱり勝てません。
順張りのスキャとか完全に時代遅れの手法になってしもうた。
勝てる気がしない。

ってわけで毎日つまらない日記になると思うので、当分毎週末のまとめ報告+不定期更新にします。

負け慣れちゃうとなかなか黄金のメンタル取り戻すの難しいね。
売買が噛み合わなくなってはや3ヶ月。
ここまで追い込まれるのは専業になって初めてだ。
やけくそ売買だけはしないように気をつけよう。

スポンサーリンク

更新忘れ

ちょい負けでした。
おつです。

スポンサーリンク

負け

もう全然ダメすぎて笑えて来た。
昔からやり続けていた手法でやってみたら全く勝てない。
ごっつええ感じでやってた『2014』(だったか?)ってコント思い出した。
年取ったダウンタウンが、半ボケの頭でネタをやるけど相手にされないってやつw

1日5000円?・・・ありやな
って感じ。



とりあえず寄りでコマツと三菱商事買ってひどい目に。
その後10時までに空売りで取り返したけど、後場先物が高値を抜く度に買っていったら10回ぐらいブン投げさせられた。怒り過ぎで首の神経がブチ切れそうになったわ。くそがよ。

先週、先々週とたまたま勝てたけど、手法の優位性が無くなっているのは分かっている。
でもどうしたら良いか分からない。どこで買ったらいいか分からない。。。
早くこんな相場終わって欲しい。

スポンサーリンク

ヘッジの意味

トータル
14(火)○
15(水)○
16(木)△
17(金)△

デイ=●●○○ スイング・持ち越し=○○●●
週間+39万
資産=8676万
週間成績はこちら

先週も今週も週ベースの損益は大して変わってないけど、1日あたりの損益のボラがめちゃくちゃ激しくて非常に疲れた。アメリカがこうも+300とか-400を当たり前の顔してやられると、数百万円の持ち越しですら恐怖だ。

というか東証が15時に引けてから、19時にPTSが始まるまでの4時間ですら非常にリスキーに感じるし、それどころか4時半にイブニングが始まるまでの1時間ちょっとの時間ですら持ち越しにリスクを感じるw

んでまあ今週思ったことは、イブニングとかCMC Markets Japanでのヘッジが非常に有効だってこと。

例えばマーケットがニュートラルであれば上だと思うポジを持ち越した場合、3時過ぎにダウ先物が落ちそうになったらCMCのCFDでダウ先物を空売りすれば、ダウが急落した場合に損失をかなり埋めてくれるし、それ以上に暴落の恐怖が和らぐので精神衛生上良い。

今まではこういう事をやろうともしなかった。理由は『マーケットが上に行った場合はヘッジをすると利益が減るから、してもしなくても一緒じゃん』ってことで。


でもよくよく考えてみると、自分のエントリーの根拠としては
・A銘柄は他の銘柄に比べて相対的に強いんじゃないか
という事で入ることが多い。

ということは、やろうとしている事は”他の銘柄とA銘柄との鞘取り”に他ならないんじゃないのか。ってことは、”他の銘柄とA銘柄との鞘”の部分が利益になったらいいんじゃないのかと思えてきた。だからヘッジもひとつの手段なのかな、と。


・全体的に上がるはずだから、まあA銘柄あたりを持ち越せばいいだろう
という持越しであればヘッジする必要はなし。

でも
・A銘柄は他の銘柄に比べて相対的に強いんじゃないか
という持越しであれば、ヘッジしても全く問題ないんじゃないのか、と。


つまり、同じ日に同じ銘柄を同じ値段で1泊2日持ち越したとしても、表面上は全く同じ行為に見えるけれども、考え方によってヘッジやらイグジットのルールが色々変わってくるんだなーと思いを巡らせておりました。


まあそんな感じで長くなっちゃいましたけど、何が言いたいのか分からなくなってきた!
そろそろ眠いのでこの辺で。。。

スポンサーリンク

チャラ

一昨日、予期せぬ持越しをした夜にダウ-700の悪夢を見たんだけども、まさか正夢になろうとは。。



今朝は恒例の寄り底かなーと思ったので買いを狙っていたらアチコチ寄り天。予想が外れまくったので半パニックで何もできず。10時ぐらいからチョロチョロっとトレードしてみたけど抜いたり抜かれたりで終わってしまった。

先物は相変わらずのキチガイ値動きだったけど、現物は終始かなりの売りが出ていた気がする。特に先物が上がっている時の“ついて来なさ”が半端なかった。

暴落のリバウンドって取れると気持ちいいけど、短い期間にこう何度も何度もチャンスがあるもんじゃないと思う。ここまで安く買えるチャンスがあるってことは多少疑って行かないといけないかなあ。

日本株はあらゆる指標が割安さを示しているけども、ここまでリバらないってことはこの先に何かがあるのだろう。アメリカの長期チャートを見てみると、ダウ3000~5000とか絶対ないとは言い切れないし。

ファンダ的な指標では割安みたいだけど、その中身は所詮“かさ上げされた資産”で成り立っているんだよなあ。何が正しいのか分からない世界が来そうで怖い。

まあいずれにしても短期的にはリバウンドもあるだろうし、こんな日記を書いた日が大底になるような気もする。極度に悲観にならず、楽観もせず、相場のうねりに飲み込まれないようにして行きたいものだ。

スポンサーリンク

ヘッジ

昨日はちょっとしたアクシデントで予期せぬポジションを持ち越すことになってしまった。
普段ならどうってことないポジションだったが、最近のアメリカを考えると(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

あまりに怖かったので、イブニングで先物miniを売ってヘッジ。
もうアメリカも見てらんなかったんで9時に就寝。

朝起きたら鬼垂れ来てたけども、ヘッジのおかげで儲かってしまった。
デイの方はイオンとか三菱商事、CA、ドワンゴあたりを売買してみたけど成果なし。持ち越し+のデイ-でおしまい。

しかし今日も先物とんでもない値動きしてたなあ。しばらくこんな相場続きそうだ。

スポンサーリンク

10月2週

デイ口座
 6(月)○
 7(火)○
 8(水)●
 9(木)○
10(金)○


デイ+スイング口座
 6(月)●
 7(火)○
 8(水)●
 9(木)●
10(金)○

週間+37万
資産=8637万
週間成績はこちら


今週はアメリカ発金融危機でとんでもない相場が続いた。

スイングの成績はさきほど更新した日記の通りだったけども、デイの方は相場のボラが凄まじいおかげで好調だった。主に銀行や商社、鉄などのT1大型株を売買したのだが、まるでライブドアショック前後の新興株のような値動きで、デイをやる限りは入りやすい相場だったと思う。

勝率も比較的高く、金曜日の寄りで買った日経先物以外はそんなに大きな損切りもなかった。(8200円で買った瞬間CBが発動して気配7200円になった時は寒気がした。。。。。)


しかし日経8000円割れ(10日のイブニング日経先物)とか全く思ってもいなかったなあ。つい2週間前12000円だったのに。。
今後一時的に大きくリバウンドすると思うけども、これだけの大暴落が起きたという事は、業績の大幅下方修正、株式や資産の評価損でファンダメンタル的にも必ずボロが出てくると思う。少なくとも今後1年間は四季報の数字を信じちゃいけない相場が来るはず。

今後も当分北斗の拳のような相場が続きそう。

スポンサーリンク

スイング経過報告

先週の金曜日から逆張りで三菱商事とコマツを買い始め、徐々に買い下がり。

これは2002~4年までやっていた手法で、全体が下げ過ぎの局面で徐々に買い始め、リバウンド局面で徐々に売り抜けるっていうやり方なんだけども、手法を解禁した途端に大暴落が起きたw


先週末のイメージとしては、月曜日が底になる確率が6~7割ぐらいで、もしかしたら火曜日にずれ込むかなという感じ。いずれにしても水曜日以降は大きくリバウンドすると思っていた。

まあこれは4年間やっていなかった手法なので、腕が錆付いている事も考慮してMAX400万円位までと決めて参戦。
金曜日と月曜日に計300万円ほどのポジを作ると、アメリカの暴落で火曜日には超絶GD気配。『ああ、やっぱり火曜日なのね』と思いつつ、寄りでファイナルナンピンをかまして400万円弱のポジションが完成。

すると超絶寄り底でグングン上がり、後場にはポジションの損益がプラ転。これは昔何度も繰り返していたパターンだったので、内心かなりの手応えを感じたのだが・・・・


まさか水曜日がGDからの陰線になるとは全くの想定外で、ナンピンしたり損切りしたりでアタフタの連続。んで木、金も見せ場はあったものの、1時過ぎに垂れたり先物が急落したりと、完全に異常事態。


びびりさんも水曜日に食らったみたいだし、やはり火曜日持越しは本来行けるパターンだったのだと思う。そういう法則が崩れたので、完全に逃げ腰に転換し、水曜日以降はPTSも使って逃げられるポジションはどんどん落として行った。

ってな感じで現在の買い持ち越しは40万円ほどで、このトレードでの損益は金曜日までで-19万円ほど(含み損最大60万円)。
そこそこ痛い損失だったけど、多少自信もついた。100年に1回か2回の相場で-5%ほどであれば使えるかなあと。今後も使えそうな相場があれば勇気を持って試して行きたい。

スポンサーリンク

卒業

29(月)○
30(火)●
 1(水)●
 2(木)○
 3(金)△

週間-2万
資産=8599万
週間成績はこちら


日経がとうとう11000円を割れた。これは2004年6月にデイトレを始めた頃の水準だ。

当時2年半やっていた逆張りスイングの限界を感じて順張りデイトレに方針転換。1年ほどで手法も脳みそも全部作り変え、その後の3年間で進化・適応させてきたつもりだけども、8月の北京五輪あたりから市場の中での自分の手法の優位性がかなり揺らいでしまった。

今までブレイク派ほど素晴らしいものはなく、いつの時代、どんな相場でも優位に立てる最高のやり方だと信じてきたけど、実際問題、ブレイクでのエントリーだけで見ると週ベース1勝7敗になっていて、今週は全体の数字でもマイナス。

まあ今までも完全ブレイクでやっていたワケではなく、時と場合によって変化させて来てはいたものの、今週で何かプツっと切れた感じがする。ブレイク式は終わったかなあと。(遅いかなw)


というわけで、今まで必死にしがみついてみたものを手放して、客観的に見てみることにします。ブレイクの有効性を完全否定するわけではないし、恐らく今後も今までと同じ入り方もするとは思うけど、『絶対真実』みたいに思っていたものをちょっと放り投げて見る。長い間付き合った親友と別れの時が来たような、一抹の寂しさもあるけど、ここら辺が決別の時期ではあると思う。

ただまあ、これだけ真剣に作り上げ、涙を流しながら体に染み込ませてきたやり方なので、いい相場が来たら一発で感覚を取り戻せると思う。その時までさようなら。



ってなわけで、今週から新しいやり方を試行錯誤の中取り組んでます。
多分今までみたいに毎週プラスとかは出せないと思うけど、何とか大きく減らさないようにしていきたい。多分安定度は減ると思うけど、もしかしたら今までよりも儲けられるようになるかも知れないし。今後も精進あるのみですな。


金曜日は少しだけ買い持越し。アメリカがアホしたんで月曜日は多少食らう見込み。+300から-150とかありえねえな・・・・。まーリスクは抑えたので許容範囲です。

スポンサーリンク

クリック証券の約定反映がめちゃくちゃ遅い件

またやられました。
寄り直後に空売りしたら5分間も約定反映が返って来ない。
なめてんのかな。

一時的に含み益でしたが、売れてるのかどうか分からないので待ってたら見事ふみ上げ。

今日の最高値で買戻しました。ええ。

知り合いの知り合いがクリック証券にクレーム出したそうだけど、
相変わらず“東証のせい””お客様のせい”にしてるみたい。


まー言いたいこといっぱいあるけどこの辺で。
とりあえずクリック証券から2000万円出金しました。

スポンサーリンク