FC2ブログ

3/9

前場
-2.5万

うぐ~~。
前半は仕手系、後半は新興メインに取引。
東亜道路、ミヨシ油脂、ホクシン、日本農薬、オリコン、スカイマークなど。

正直、売買は日々上達して行ってる感じがするんですよねえ。
でも収支に全然結びつかない。

中でも東亜道路、ホクシン、スカイマーク、オリコンはチャート的に完全にジャストタイミングで買えた。
が、東亜道路は2、3ティック上ですぐ反落。ホクシンは急騰したが、20秒
くらいで勢いが無くなり、モミモミ。ホールドしてたら3分くらいで含み益消えた。


この2銘柄に限らず、他の銘柄でも利食いできるタイミングが少なく、今日はシビアに利食っていこう
と決めてその後挑んだら、オリコン、スカイマーク(半分利食うつもりが注文ミスで全部利食っちゃった。これは猛省)
は超絶上に。

結局のところ、どんな手法を使おうが、板や値動きから、数分後の株価変動を予測できなければ
利益は出せないということですね。

ドバドバっと買いが入って、少しの間“なぎ”のようになる。
これをどう解釈するのか。
「買いが減ってきたな。もうそろそろ下へ行くかな」と判断するのか
「上がったのに意外と売りが出てこないな。まだ上値余地がありそう」と判断するのか。

勢い良く上がっている
「これだけ上がってるんだから、しばらく強気ホールドでいいだろう」なのか
「急騰過ぎる。もうそろそろ利食い売りが出てくるはずだから今のうちに売ってしまおう」なのか。

一瞬押した場面で
「一瞬押したけど、基調はまだ強いからしばらくホールド」なのか
「一瞬押した。今までの流れが変わるかもしれない」なのか。
いつも悩みまくりです。



「上に行っている」「下に行っている」瞬間に注文を出しても遅すぎるわけで、
「上に行きそう」「下に行きそう」なのを少なくとも55%くらいの確率で予測できなければ
一生ダメくさいですね。


そして、いつも思うのが、実際、板に指値を入れて注文が約定するのを待っている人がどれくらいいるのか、
という事です。この板に現れている需給の状況は氷山の一角で、PCの向こう側には成り行き注文の執行を
待ち構えている人達がそれ以上に沢山いるのではないか、という事。現に私がそうですし。

彼らの脳内を読む事は不可能なわけで、どうなったら(成り行きの)注文が飛んでくるのか、とず~っと
四六時中頭を振り絞って考えているのですが、色々な仮説は考え付くのですが、どれも今ひとつ。

あー、ホントに難しい…。


後場はザラバしっかり見えないので、あまり取引しません。




後場
計-1.2万円

ザラ場あまり見えず。
ただ、どうしてもやっておきたい事があったので2回取引してみた。

片方はチャート的に妙味のあるところで仕掛けてみた。
片方はチャート的に何もないところで仕掛けてみた。

両銘柄ともたまに物色される材料系(?)の銘柄。
ただ、今まで『主役』になったことがない銘柄です。脇役~準脇役って感じですかね。


結果は多分マイナスになるだろうと思っていたので、-1.2万という
数字は全然気にならない。
しかし今後の為には非常に良い教材になった気がする。


本日合計-3.7万。
いい加減勝ちたいね。明日は1日場に張付けるので何とか…

スポンサーリンク

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する