うーん

こんな雇用統計が出るとはねえ。
ずーっと日経が謎に弱かったのに対応が完全に遅れた。

金曜日、日経は弱かったけど小型はかなり強かったんだよね。
それでに暢気に小型を買い増ししてしまった。月曜はそこそこ食らう予定。
これで日経のチャートはかなり悪くなってしまった。

こんな上げ相場が一直線で終わるようにも見えなかったので我慢し続けたのだが
上昇が3ヶ月も続けば、一旦深い押しも有り得るはず。ちょっと甘すぎた。

去年、一昨年よりも確実に上手くなってる実感はあるけど、まだまだ上級者と比べると受身が下手糞だ。
リターン時はそんなに目立たないがリスク時にはボロボロ出て来る。
リターン0.8倍でリスク1.5倍って感じか。


中長期派のブログを見ると僕なんかよりはるかにパフォーマンスが良く、ハッキリ言って悔しいし不甲斐ない。
しかしそれを言う前に僕にはまだまだ技術が足りない。


デイトレは短期間で失敗を積み重ねられる。
1日で5~10回は失敗するだろう。年間で200~300回失敗できるから上達も早い。
さすがにどんなアホでも100回同じ失敗すれば、それが間違いであると気づける。


しかしスイング~中期になるとチャンス相場は恐らく年に1~2回。

となると大失敗に結びつき易い市況の悪化も数少ない。
最近だと2010年5月の暴落や去年の地震、7月の下げ。そして今回。



この数少ない機会の中で会得しなければならない。
何が変調のきっかけになり得るのか、市場はどこを見ているのか、どの時点でどう対処すべきなのか。何をやらなくていいのか。

僅かな雨で根を張り花を咲かせる砂漠の植物のように、少ないチャンスを全身で受け止めねばならない。

スポンサーリンク

コメント

No title

難しく考えすぎではないでしょうか?

No title

思いをそのまま書いていたらこんな風になってしまいました。
重すぎたかな~~

砂漠の植物とは良い表現ですね。

山田様の弟子であるパリテキさんの言葉を借りると、「王者の風格」を漂わせていた9983があの程度の材料で大幅にGDしたのがトリガーになったわけですが、あの日に売り場は少なくとも3回はあったと思います。

先物がイブニングやダウの上昇に対しても弱くなってきていたので私はずっと身構えていました。

まぁ、上値が重い時は何でも材料にされて売られるって事だと思います。

No title

>Ghiaccioさん
ですねえ。。
僕はあの弱さに対してスパっと割り切れませんでした。
ある程度はポジを落とせていたけど、金曜に買っちゃったからなあ。
完全に慢心でした。

あと、ちょっと訂正しておきますがぱりてきさす氏が弟子なのはスキャルピングとか乞食売買に関してだけです。長めの売買や地合い判断などは逆に彼の方が大師匠なので。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する