現物の売り圧力強い

10(月)○
11(火)○
12(水)○
13(木)○
14(金)○

週間+86.7万
資産=7855万週間成績はこちら

日経




今週もかなりの凶暴相場。
日経先物の日足を見てみると、火曜日、GDからジリ上げて陽線(後場直後の高値から30分で200円下がるキ○ガイ値動き)
こんなんで底打ちしちゃうの?と思っていたら、アメリカがダウ+400オーバーというアホ値動きで水曜日の寄り付きは前日比+600円…
ここで買っちゃった人も多いと思うんだけど、この日は寄り直後の高値を一度も抜けることなくダラ下げ。んで水木金と大陰線3連発。

もうこれはスイング派の人は死ぬしかない動き。水曜日の寄りで買い玉利食うなんて都合よすぎるし、木曜日空売ったとしても金曜日のGUで結構やられそう。


っつーことでトレードの方は目先のことしか考えず、持越しはやらずにほとんどスキャルピングのみ。幸い、陽線の火曜日も含めて売り需要は強く感じたので、短時間の空売りで利益を出すことができた。

非鉄や鉄をメインに、あとは丸紅などの商社や上方修正を出したSANKYO、千年の杜、任天堂などをコツコツ売買し、2月3週以来の全勝&1%勝ち。


一方で100株アホールド中の日産がさらに酷い事になってしまった。1週間で5%以上下げ、843円。ついに配当利回り5%が見えてきた。配当利回りランキングを見ると、利回り5%がゴロゴロ。

さすがにこの水準で買っておけば後々利益になるとは思うんだけど、どーも木、金
の相場を見ていると『どうしても売りたい』という意思みたいなものも感じる。2001年夏の下げ相場は同時多発テロで一旦底を打ったけども、今回も阿鼻叫喚の生き地獄的な下げが出るまでは、このまま無限に下げそうな…


ところで金曜日の引け後、日立が下方修正を出した。予想100億の純利益→700億の赤字。割安なのに無限に下がる相場はこれが待っている。
前回2000年~2002年の下げ相場でよく下げたセクターは建設、電機、不動産、銀行など。特に有利子負債が多く株主資本比率が低い銘柄が特別損失のオンパレードでよく下げた。
今回もこういう銘柄郡は注意ですぞ。


[売買した銘柄]
新日鉄、住金、JFE、住友鉱山、大平洋金属、日本冶金工業、東邦亜鉛、
丸紅、伊藤忠商事、SANKYO、千年の杜、第一中央汽船、第一製パン、
任天堂、ダヴィンチ、アルデプロ、グッドウィルなど

人気ブログランキング←ランキングアップにご協力お願いします
現在114位。うひょー上がってる!

スポンサーリンク

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する