FC2ブログ

自己紹介


★自己紹介★
生年月日:197x年8月
血液型:O型


【名前の由来】
株板の帝王、cis氏の名台詞「鬱山田死脳」(≒鬱だ死にたい)より。
こじゃれた名前が多い中で、こんな間の抜けたコテハンが一人ぐらい
いてもいいのではないか、ということで命名。最初は鬱山田と名乗っていたが
「そんな名前だから勝てないんだよ」とツッコまれ山田に改名。


07年8月、トリップを変更しました。
旧)山田◆X2h5rGdJJg
新)山田◆RcVU3OCkRY

※注意
2ちゃんねる投資一般板の
躁山田(躁やまだ・耶麻だ・山田 ◆OIiv/jhTCA・山田 ◆XSSH/ryx32・耶麻だ ◆jWCj5/nPToなど)は別人です。

ymd_sec★yahoo.co.jp
★にはアットマークを入れて下さい
************************************
株式投資開始:1999年12月
信用口座開設:2001年2~3月
専業転身:2005年9月



★投資履歴★
【1999年12月】
元々株式投資には興味を持っており、VAIOのDMの中に入っていた
マネックス証券のチラシを見て「うほっ」と思い口座開設。
初めて買った株は300円くらいの全日空。
次に買ったのは山水電気とフジタ(上場廃止)、シントム(上場廃止w) 
これ以降毎月給料の中から5~10万円を証券口座に入金。

【2000年4月】
マンガで株高になると証券株が上がる、というのを見て証券株を買いまくる。
山種証券、新日本証券、和光証券など中堅証券で+30万ほど。
「これって才能?」と錯覚。入金も合わせて総資産230万程度に

【2000年5月】
資産倍増!とばかりにギャンブル銘柄に手を出す。
会社四季報を信じ、業績予想の割に異常に安かった赤井電機を30円台後半で
現物全力買い。56000株

【2000年6月頃】
総資産700億程度、株主資本500億程度の赤井。ある日、日経一面に
「赤井電機特損1050億」だと。(四季報予想は1億円の赤字)
手が振るえ、吐き気が。。。「神様助けて下さい・・・」と祈るも、
前日30円位だった株価は19円位で寄り付き、安値は12円…orz
20円くらいで損切り。人生に絶望…。総資産110万(通算-90万位)

【2000年夏~】
佐藤工業(40円位)を全力とか、アラビア石油(500円額面で300円台)
を全力、とか一刻も早く取り返したい一心で低位株で溶かしまくる
(通算-100万位)

【2000年冬】
一時回復するもアルゼ、シントムでまた損を重ねる。
総資産150万(通算-100万位)

【2001年夏】
「獣王」大ヒットのサミーでかなり挽回。総資産250万(通算-40万位)

【2001年秋】
テロ直撃!そしてマイカル倒産のみずほで大損、あばばば…。
総資産240万(-70万)

【2001年冬~02年春】
丸紅で2度にわたり大儲け。ついに念願の人生プラ転。そして、暴落時に仕込む、
数週間の中期逆張り投資法を身につける。総資産450万(+80万)
       
【2002年秋~03年春】
中期の逆張りを進化させ、数日間~1週間ほどで取れる手法に改良。
日経暴落の中、月間+10%前後をコンスタントに上げる。
総資産900万位(+400万)

【2003年夏~04年夏】
銀行、ハイテク、新興など全部爆上げ。
周りがボロ儲けの中、逆張りで取れる銘柄がない…。
しかも長い下落相場に慣れ過ぎ、順張りが超ヘタクソ。
日産自、ホンダや武田薬品、ローム、京セラなどで押し目買い、リバ取り、
買い下がりで月2~3%抜くのが精一杯。総資産1350万位(+680万)

【2004年夏~】
2ちゃんねるの人達が1ヶ月で倍にしたりしてるのを見て激しく凹む。
自分も大儲けしたい!とデイトレードの世界へ…。が、現実は目論見とは裏腹に
損失ばかりが積み重なっていく。何をどう頑張ったら良いのか全く分からない。
真っ暗闇の中を手探りで歩いている感覚…もうだめぽ…

【2004年秋~】
ブレイクアウト法(高値更新で買い)と出会う。疑心暗鬼ながら、
もうこのやり方しかない、と決意。が、当然最初から上手く行くワケない。
天井掴みしてばかり。損切りの場所も分からない。
何も考えず適当売買していた頃よりも損失額が大きくなる。
周りの人たちにバカにされまくる。

【2005年1~2月】
堅調な指数を尻目に、損失額がピークに。
何をやってもダメ。溶かす溶かす。溶ける溶ける…

【2005年春】
3月に入って損失額が減り始る。
3月31日後場、突如として今まで感じたことのない感覚が…
4月18勝2敗、5月13勝6敗、6月20勝2敗。もしかして?

【2005年秋】
晴れて専業に。
ゴールに辿り着いたと思いきや、ここがスタート地点でした。

幾度のスランプ、手法の改良を経験し現在に至る。
2004年以降の週間成績はこちら

スポンサーリンク

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する